ストンリバーの日記

「詰将棋パラダイス」同人作家が語る将棋一般ブログ

相振り飛車の醍醐味

6月に行われた79期C1順位戦・1回戦より高崎一生6段vs宮本広志5段の相振りの一戦を紹介したい。

f:id:stoneriverki:20200710064541p:plain

上記図は先手高崎6段が69手目64歩と俗に「ウサギの耳」と云われる部分に着手したところである。この後、飛車や香車の支えがあったとはいえ、歩の活用で6筋を突破したのには少々驚きだ。下図のように107手目に63歩成となってしまった。この攻防では歩の手筋が数多く登場する。「突き捨ての歩」「継ぎ歩」「合わせの歩」「タタキの歩」「大駒遮断の歩」などである。勝負は終盤に後手からの反撃をかわして159手で先手が勝利した。

f:id:stoneriverki:20200710064611p:plain

 相振りというのは縦の戦いが主流である。この将棋では6筋を中心とした攻防だった。相振りは押したり引いたり、せめぎあうその攻防がたまらなく好きだ。歩の使用の印象が深いこの将棋は私の中で今年度の「相振り名局賞」の一つになることは間違いない。

今回の詰将棋:17手詰

f:id:stoneriverki:20200710071007p:plain

 

タイトル戦に「相振り飛車」登場

 タイトル戦に相振り登場といっても女流棋戦の話しだ。

7月4日から始まった第2期ヒューリック杯清龍戦5番勝負。

 ところで、8大タイトル戦に相振りどころか、振り飛車そのものを見かけなくなって5年も10年も経過しているような気がしてきた(本当は近年では王位戦の菅井振り飛車があるのだが)。いま、振り飛車は暗い時代に突入しつつある。この先、藤井7段がタイトルを次々に奪取し始めたら、ますますその感を深くするだろう。トップ棋士が打倒藤井として振り飛車を研究しなくなるし、またする必要もないからである。それはとりもなおさず振り飛車の技術の向上が停滞することを意味する。将棋の戦法というのはそれをする人、受けてたつ人の切磋琢磨する過程を経て進化していくものだからだ。

f:id:stoneriverki:20200704123543p:plain

さて、話しが横道にそれたが途中図は後手が30手目54銀と指したところである。先手・里見香奈清麗が中飛車・金無双囲いで後手挑戦者・上田初美女流4段が3間飛車・美濃囲いの戦型である。この将棋は中盤の攻防に見所があったが、71手目75歩からは先手の攻め合い勝ちになったようだ。以下、101手で里見さんが先勝した。

今回の詰将棋:27手詰

f:id:stoneriverki:20200704124019p:plain

 

久しぶりの相振り飛車

7月3日は女流王座戦の2次予選の最終局がおこなわれた。

石本さくら女流初段vs高浜愛子女流2級の一戦である。

先手高浜さんが4間飛車、後手石本さんが向い飛車である。

f:id:stoneriverki:20200703182503p:plain

序盤早々に角交換となり、先手は56角と筋違いにうち、後手は持ち角で対抗した。先手の囲いは金無双、後手はしばらく居玉で対抗した。途中図は32手目に35銀とでた局面。

盤の中段で激しい攻防がくりひろげられ、先手が入玉気味に動いたが後手の陣地で先手の玉をとらえ128手で後手勝ちとなった。

今回の詰将棋:13手詰(上記対局の73手目47金左の局面図をヒントにして詰将棋を作ってみた)

f:id:stoneriverki:20200703183451p:plain

 

なんとなく、もどかしかった

7月1日女流王座戦の2次予選が2局行われた。

振り飛車戦になったのが藤井奈々女流初段vs本田小百合女流3段の一戦だ。先手藤井さんの55歩位取り中飛車で始まった。

f:id:stoneriverki:20200701204102p:plain

先手73手目に52歩成と二つ目のト金ができたところ。

本田さん相手に実にうまく指している。藤井さんのことをあまりよく知らないが女流初段以上の力をつけてきているのだろう。2枚のト金に25桂と77角が急所に効いている。総攻撃をしてもいいようなところだがなかな自重したりして見ているほうはもどかしくなったりする。体よく云えば攻守のバランスがとれた人なのだろう。このあと、将棋は125手でかなり余して先手が勝った。

今回の詰将棋:9手詰

f:id:stoneriverki:20200701210842p:plain

 

女流王座戦(3局とも振り飛車)

6月30日に女流王座戦2次予選から3局の一斉対局が行われた。3局すべて振り飛車vs居飛車の対抗型だった。やはりこうでなくてはね。3局同時進行で楽しめました。

中村桃子vs堀彩乃戦より

f:id:stoneriverki:20200630174447p:plain

途中図は終盤で、先手が後手玉に31金打と詰めろをかけたところ。しかし、ここでは即詰があった。22銀 同飛 31龍で後手は合駒が悪く(銀しかない)詰まされる。詰めろをいったん受けられて相手に駒がわたれば逆転しかねない場合もあるので、易しい詰みがあるときは詰ましたいものである。

今回の詰将棋:13手詰

f:id:stoneriverki:20200630175353p:plain

 

旅をした飛車

公開対局で人気があるJT杯がコロナの影響を受けて開幕が延期されていたが、公開ではない形式で実施の運びとなった。開幕にふさわしい(私だけの感想です)振り飛車党の久保9段の登場です。相手は羽生9段だった。6月28日午後3時よりアベマTVで中継があった。先手久保9段の角交換四間飛車で始まった。

f:id:stoneriverki:20200629154702p:plain

 途中図は先手石田流で76にいた飛車が6段目を右に移動しながら73手目には18の地点に追い込められて蟄居してしまった。ところがこの後に再び16に浮上して6段目を左に移動しながら最後、56から51飛車成と成り込んでしまった。将棋は2枚飛車の威力で先手が127手で勝利した。

 この飛車はまるでヘリコプターみたいな動きというか、飛車のちょっとした冒険の旅みたいな感じがしてならない。この将棋、飛車の動きだけで記憶にのこる一局になりそうである。

今回の詰将棋:21手詰

f:id:stoneriverki:20200630180454p:plain

 

「藤井猛全局集」来たる

楽しみにしていた標記の本が着本した。

とにかく大冊である。なんといっても616ページある。

藤井九段自選の棋譜(400局を超える)がぎっしりつまっている。

本のサイズはA5。私の「詰将棋の道」シリーズの本と同じサイズなので少々親近感がわく。本の厚さを計ってみたら3.5センチある。やはり、ずしりと持ち重りがする。

目次をさらっとみると全体を大きく4部に分けて編集されている。順次、最初から読み適当なところで読みさしにするも良し、又好きな戦型のところを開いて、拾い読みをするのも良さそうだ。いずれにしても、ずしりと重い存在感を発しつづけるであろう、この本は私にとって「座右の書」としばらくなるだろう。

  ところで、この本の「まえがき」の部分に思わずジーンとくるところがあったので特に紹介したい。

棋士は、大きく分けて、二種類のタイプに分かれると思う。勝負が好きで、何より勝つことが生き甲斐な、生粋の勝負師タイプ。研究が好きで、勝負そのものより研究に生き甲斐を見出す、学者タイプ。かなり少数派と思われる後者だが、私は圧倒的に後者だ。内藤國雄九段の著書「図式百番」に「私は本書を著すために棋士になったと思う」とあった。私も、この全局集を出すために棋士になったのではないか。だが、まだ終わりではない。・・・・・>

以上は藤井九段の言葉の抜粋だが、なぜ私に感動ともいえるあつい思いが込み上げてきたか、それは私自身の詰将棋人生を重ね合わせたからである。そして藤井九段には心の底から言いたい。「振り飛車を研究してくれてありがとう」

今回の詰将棋:17手詰

f:id:stoneriverki:20200628194022p:plain