ストンリバーの日記

「詰将棋パラダイス」同人作家が語る将棋一般ブログ

振り飛車年鑑より

 2021年12月に「令和3年版振り飛車年鑑」という本が出版された。

振り飛車フアンとしては正に望外の喜びであった。

今年はこの本が年度版として「令和4年版・・・」が出版されるかどうかとても注目している。もし、それが一過性でなかったということになれば「将棋年鑑」をあえて求める必要がなくなるからだ。

 

 さて、棋譜並べをしているとき、まれにその終盤をヒントに詰将棋を創作できるときがある。

 標記の本(192ページ)の高崎6段vs瀬川6段の一戦より実にスムーズに作品化できた。無駄な駒を排除し、歩の枚数を調整しつつ余詰消しに52金を配置しただけで実戦の手順をほぼ作意にした詰将棋が出来上がった。こういう創作過程はまれで極めて珍しい。下段の図がその作品である。

今回の詰将棋:29手詰

 

合作ブーム到来

詰将棋パラダイス誌の読者である。

近頃、当誌では合作の作品がよく散見される。

個人的には大変憂うべきことだと思います。

火付け役は若島正氏の一連の合作が影響しているのであろうか。

しかし、彼の場合は特別の事情が存在する。

 

詰パラ8月号をみて、ここまで来たかの思いだ。

合作特集のコーナーまで出現した。

小学校の結果稿では3人の合作経緯には思わずのけぞりそうになった。

 

ある詰将棋の会合があったとする。

Aさんは課題作を作って参加する。

Bさんがここはこうすればもっとよくなると提言する。

それには余詰があったのでCさんがうまく修正する。

かくしてABC3人の合作として投稿する。

実はこれと似通ったことが起きているのではないか。

 

詰パラの「読者サロン」にでも問題提起しようかと思った。

どうせ「老いの繰り言」として片づけられるだろう。

こんな感想を持つのはきっと私だけなのだろう。

詰将棋界の新しい流れとあきらめている。

 

今回の詰将棋:21手詰

 

 

 

中飛車左穴熊

 私は振り飛車党で「中飛車」も好んでよく指す。

しかし、「中飛車穴熊」だけは指したことは一度もない。

また、指してみたいと思ったことすらない。

 この戦法は中飛車を目指したところ、相手に飛車を振られたときに、時折出現する戦法である。棋譜が棋書に掲載されるときに「相振り飛車」に分類されることが甚だ不満なのである。

 なんといってもこの戦法は振り飛車らしい指し回しがあまり見受けられない。

左側の金銀桂などが振り飛車独特の動きをしないからだ。最悪、その飛車が居飛車に戻ったりすることもある。こうなっては小馬鹿にされてるみたいだ。

 相矢倉戦法で飛車が5筋にまわり「矢倉中飛車」と表現することがある。

これを「振り飛車」になったとは決して云わない。それと同じようにこの戦法は「振り飛車」に分類すべきものではないと思っている。

 7月24日のNHK杯戦、7月30日のJT杯でいずれも相中飛車となり後手が玉を左側に囲う指し方があったので、常々思っていることを書いてみました。

今回の詰将棋:21手詰

 

 

詰将棋の解答(7月ブログ分)

7月9日分*82金 同角 84桂 81玉 72金 同金 同桂成 同玉 61銀 81玉 72金 同銀 同銀成 同玉 61銀 62玉 52銀成 同玉 42金  62玉 51龍 72玉 81銀 まで23手詰 

朝日杯(一斉予選)

2022年7月9日に第16回朝日杯将棋オープンの予選が行われた。

1局を除く9局の一斉予選でありアマプロ対抗戦という形になった。

9局のうち6局が振り飛車となりうち1局は相振り飛車となった。

その相振り飛車は先手谷合廣紀4段vs後手川島滉生アマの一戦。

先手が向い飛車・金無双、後手が3間飛車・穴熊の布陣。

振り飛車としては実にオーソドックスな戦いぶりだ。

穴熊に対しては端をからめての攻め、金無双には玉頭攻めを目指す。

互いの攻め合いは118手で後手の川島アマが勝利した。

久しぶりに相振り飛車を満喫したという感じである。

今回の詰将棋:23手詰

 

詰将棋の解答(6月ブログ分)

6月7日分*74桂 同銀 92歩成 同玉 93銀 同桂 81角 同玉 72金 同金 同歩成 同玉 73馬 61玉 72金 まで15手詰

 

6月13日*54角 63歩 64桂 61玉 52桂成 同金 63飛成 同金 52銀 同玉 53歩 62玉 74桂 72玉 62金 同銀 81銀 61玉 43角成 71玉 93角成 81玉 82馬 まで23手詰

 

6月25日分*72龍 同金 53銀 71玉 83桂 同金 62銀打 同金 同銀成 同玉 53桂成 72玉 62金 まで13手詰

JT杯が開幕

JT杯プロ公式戦が6月25日仙台市で開幕した。

カードは佐藤康光9段vs糸谷哲郎8段の一戦。

今年の12名の出場棋士のうち純粋振り飛車党は菅井竜也8段だけだ。

彼は1回戦第4局の静岡対局で登場するが決勝まで進んだとしても対局会場はすべて東日本となっておりそれが少々残念である。

さて、この日の対局は佐藤9段が時折披露する力戦振り飛車を採用した。

途中、36角と勝負手をはなったが不発と終わり94手で後手の糸谷8段が勝利した。

糸谷8段は2回戦第1局で8月7日に福岡市に来ることになり相手は永瀬拓矢王座。

振り飛車戦は期待できないが一応観戦申し込みをすることにした。

申し込みをしても抽選になるらしい。

コロナの影響はまだまだ続いているんですね。

今回の詰将棋:13手詰