ストンリバーの日記

「詰将棋パラダイス」同人作家が語る将棋一般ブログ

詰将棋解答選手権のオンライン会場

4月11日に開催される予定であった標記の大会が全国すべての会場で中止に追い込まれて全滅してしまった。その代わりに企画されたのがオンライン会場で開催するというアイデアであった。幾分、やりかたが変わった部分があるにしてもほとんどがこれまでの大…

清麗戦予選より

3月30日に清麗戦予選のネット中継対局をみていた。 先手中村真梨花女流3段の四間飛車vs後手上田初美女流4段の居飛車の対抗型となった。 上記図は86手目後手が55角成と指した局面である。このあと将棋そのものは後手が勝ったが、この途中図の局面…

NHK杯(3月29日放送)

4月から始まる第70回NHK杯への出場女流棋士を決める一戦が3月29日に放映された。 里見香奈女流4冠対西山朋佳3冠の決定戦であった。 この二人の対局では当然、相振り飛車を期待した。このところネット中継を始め相振りにお目にかかってなかったの…

解答選手権・長崎会場の中止について

コロナウイルスの騒動が止まりません。 詰将棋解答選手権の初級・一般戦のイベントは全国30会場で予定されています。3月25日現在、半数以上の会場が中止を余儀なくされています。 残念ながら、長崎会場でもこのイベントを中止します。 理由:会場の都合(貸…

第17回詰将棋解答選手権(長崎会場)の案内

<長崎会場実施要領> 実施部門:初級戦&一般戦 主催団体:日曜将棋教室ふぁんた 会場:長崎市民会館・地下1階第4会議室 住所:長崎市魚の町5-1 アクセス:JR長崎駅から徒歩13分 会場URL:https://ngs-shiminkaikan.jp/access 日時:令和2年4…

懸賞詰将棋の解答

2月18日出題の懸賞詰将棋・解答です。 第1問 72銀 同金上 61金 同金 72角成 同金 61金 同玉 52銀 62玉 51銀打 71玉 61銀成 同玉 72飛成 同玉 62金 まで17手詰。 第2問 72金 63玉 62金 同角 72銀 73玉 63金 同金 同…

「詰将棋の道3」出版記念・懸賞詰将棋

私にとって3冊目となる詰将棋の本をこのたび、自費出版いたしました。本のタイトルは「詰将棋の道3」<金無双百番>です。副題にもあるように相振り飛車における囲いの一つである金無双に因んだ囲い図式です。詰将棋と指し将棋を共に愛してきた私からの振…

4月5日に長崎県大村市で将棋イベント

・「長崎将棋フェスティバル 」 ・高見泰地七段と佐々木大地五段による将棋イベントです。 ・主催=長崎県将棋を広める会 ・日時=4月5日(日)10時から17時 ・場所=大村中央公民館(シーハット大村) ・イベント内容=将棋大会、指導対局、サイン会…

女流名人戦第3局

2月11日は女流名人戦が岡山県湯原温泉で行われた。 この日は朝日杯の大詰め3局がAbematvであったがやはり観ていて面白く、理解が進むのは振り飛車の将棋だ。くわえてそれが相振り飛車ならこの興奮は堪え切れないものがある。先手谷口さんの中飛車…

阿部隆八段、来崎

2月2日の小学生名人戦大会の審判として阿部8段が前日に長崎入りされた。日本将棋連盟長崎県支部連合会の有志(7名)で歓迎の懇親会をランタンフエステイバルで賑わう新地の中華街で行った。 以前よく関西に出かけていたときにイベント等でお見かけするこ…

詰将棋の解答(1月ブログ分)

1月1日分 *43桂 同香 42角成 同玉 41金 まで5手詰 1月18日分 *34銀 14玉 23銀生 13玉 12銀成 24玉 34馬 14玉 25馬 23玉 13成銀 同玉 33飛成 12玉 34馬 11玉 13龍 21玉 12龍 31玉 32歩 41玉 21龍 …

A級へ向けて二人の大一番

1月23日B1順位戦の11回戦がおこなわれた。 アベマTVで菅井竜也7段vs斎藤慎太郎7段の中継があった。 先手後手があらかじめ決まっている順位戦だが後手の菅井7段は早めに3間に振った。 上記途中図は先手が23手目58金右と指したところで昼食…

叡王戦準決勝

1月22日は叡王戦の準決勝第1局がおこなわれた。 渡辺3冠vs青嶋5段戦である。先手番となった青嶋5段は前局に続いて振り飛車(55歩位取り中飛車)である。加えて解説が藤井猛9段だったので嬉しい限りである。『餅は餅屋』とはよくいったもので棋界…

女流名人戦(1月19日)

19日の午前中は朝日杯の待ちに待ちたる菅井7段の登場だ。相手は藤井7段。この将棋は昨日に劣らず大熱戦だったが菅井7段は負けた。 とたんに興味の対象は女流名人戦第1局に集中した。 それにしても、朝日杯(金土日)は3日間で延べ9局の対戦がおこな…

朝日杯オープン(1月18日)

朝日杯将棋オープン戦本戦が始まっているが、1月18日の2局はネット中継が解説付きだったので朝から眺めていた。 本日の主役は深浦9段だった。午前中、豊島2冠を大熱戦の末に勝利し、午後からは千田7段にこれまた負けはしたものの見ごたえがある将棋だ…

もう一つのベスト4入りをかけて

世の中には振り飛車党を公言できる棋士は別として、振り飛車なんか指すものかとの信念を持つ棋士と稀に振り飛車を指すことがある棋士の二種類がある。後者の場合は対局中継の時、いちいち確認しなければならないから大変だ。振り飛車フアンに気を持たせる罪…

ベスト4入りをかけて

1月11日、叡王戦本戦で菅井竜也7段vs佐々木大地5段の一戦がおこなわれた。いったい、どちらを応援すればいいんだというところだが、私から振り飛車を取り上げたら詰将棋しか残らないから方針は明白だ。とにかく好局を期待した。 菅井7段の先手で始ま…

王位リーグ入りが意味するもの

佐々木大地5段は昨年暮れの棋王戦挑戦者決定戦で敗れ、ほどなくして海外旅行に飛び立った。 その戦いの結果にかかわらず計画していた旅だったとしても普通なら傷心の旅になるところだ。でも、そこは勝負師。何らかのプラスになるものをつかみたいと思ってい…

謹賀新年

今年の3大目標です。 1 新しい詰将棋の本を3月までに自費出版します。 タイトルは詰将棋の道3<金無双百番>です。 2 詰将棋解答選手権(初級・一般戦)を今年も開催します。 長崎会場:2020年4月11日(土) 3 詰将棋全国大会を12年ぶりに九州(博多)…

詰将棋の解答(12月ブログ分)

12月4日分 *74桂 92玉 82金 同角 同桂成 同金 93銀 同金 81飛成 同玉 82銀 同玉 74桂 92玉 81角 同玉 82銀 72玉 62桂成 同玉 73金 51玉 43桂 61玉 71銀成 同玉 93馬 同香 72金打 まで29手詰 12月5日分 *8…

叡王戦に藤井九段

12月26日に叡王戦本戦の豊島2冠vs藤井9段の一戦が行われた。久しぶりのブログアップだが振り飛車戦のネット中継がなかったからだ。 上記図は先手豊島2冠が35歩、同歩、同角としたところ、後手藤井9段が43飛と軽く浮いて受けたところである。こ…

叡王戦に久保九段

12月20日に叡王戦本戦の久保9段vs佐々木5段の一戦が行われた。 上記図は先手久保9段の先手中飛車で始まった将棋だが後手は飛車先の歩をなかなか突かないでいた。先手が5筋の歩を交換したのを逆用して28手目後手が52飛とまわったところである。…

B1順位戦10回戦

12月19日標記対局が一斉に行われた。 菅井7段は9勝1敗で首位をキープしたがA級昇級は確定していない。残る対局は2つだが仮に連敗すると2番手の斎藤7段が2敗、3番手の行方9段が3敗で追っていて彼らが菅井さんよりも順位が上だからである。 し…

羽生九段の振り飛車

12月19日はアベマTVで朝日杯の中継の日だった。午前に振り飛車党の高崎6段が登場したが屋敷9段にいいところなく負かされた。その後はもう、振り飛車がない日だなと思いつつ、夜7時の対局の出だしを念のため確認して、他のことをする予定だった。 す…

叡王戦に菅井竜也七段

12月11日第5期叡王戦本戦2回戦に菅井7段が登場し、対戦相手は増田康宏6段だった。 上記図は夕食休憩に入った直前の局面で後手が30手目73桂と指したところである。この後、この将棋は4筋、5筋、6筋でかなり長い攻防が続いたが、先手が終始リー…

マイナビで相振り飛車

12月11日は第13期マイナビ女子オープンの本戦2回戦第3局の先手伊藤沙恵女流3段vs後手甲斐智美女流5段の対戦が行われた。 上記図は相手が3間に振ったのを確認して先手は88飛車と向い飛車に13手目を指したところである。 伊藤さんは相振り飛…

叡王戦に藤井猛九段

12月10日第5期叡王戦本戦2回戦に藤井9段が登場し、対戦相手は飯島栄治7段だった。 上記図は先手の藤井9段が41手目に48金直と着手して金無双が完成したところである。この将棋の出だしは先手が角道を開けての4間飛車で後手は相振りで応じた。飯…

B1順位戦9回戦

12月5日菅井7段は屋敷9段と対戦した。 菅井7段は角交換振り飛車で圧勝した。これで8勝1敗となり単独首位をキープした。2敗で追いかける棋士が2人。残る3つの対局を2勝1敗で昇級確実だがまだまだ油断ならぬものがある。しかしこの好調さを維持できれ…

どうなる久保将棋

12月4日はA級の第6回戦久保9段vs稲葉8段戦があった。久保9段はここまで1勝4敗で降級争いの先陣を切っている。 さて、その将棋は途中まで久保さんがよかったが、なんと逆転負けしてしまった。リードしていた分、どうも守りに入ったのが原因らしい。ど…

女流王座戦第4局

12月4日に女流王座戦第4局が東京将棋会館で開催された。西山朋佳女王が一気にタイトルを奪取するか、それとも里見女流王座がタイに持ち込み最終戦決着となるか注目の一戦である。 先手里見さんが26歩、後手西山さんが34歩で始まった将棋はやがて後手の3…