ストンリバーの日記

「詰将棋パラダイス」同人作家が語る将棋一般ブログ

関西将棋イベント

将棋ペンクラブ関西交流会(5月4日)

 将棋ペンクラブは例年、5月に大阪と東京でそれぞれ交流会を開催している。
今年は2年ぶりに、関西の交流会に参加した。
参加者数は15名。プロ側からは森信雄七段、女流の船戸陽子二段、鹿野圭生二段が出席された。


 まず、自己紹介があり、私は明日の森一門祝賀会に参加することが目的で大阪に来たが、この会には言葉は悪いが序に参加したこと及び詰パラのPRなどを挨拶として話しをした。


 午後の半日、アトランダムに参加者同士で将棋を指したり、プロより指導将棋を受けたりした(参加者数に比してプロが多かったから一人平均して2局は指してもらったようだ)。後半にはみんなでリレー将棋をしたり、森七段より弟子のことやプロ棋界のお話しがあった。その中より、印象深いのを一つ。三段リーグはラスト4局がその人の運命を決めることが多いということだ。すなわち、そこでその人が勝負強いかどうかが分かるということだ。また、昇段争いに絡まなくても、その内容が次回の三段リーグの参戦に影響を与えるらしい。競馬フアンで園田競馬場に時折通われる森七段ならではの見解でもあると思った。


 12名参加の二次会の打ち上げにも参加した。初対面の人も多く、各県の将棋情報の交換も含めて、将棋談義に花が咲いた。


森一門祝賀会(5月5日)

 昨年に引き続いてこの会に参加したが、今年の主役は4人。特に竜王のタイトルホルダーが出たので今年は例年に比して参加者が多かった(約230名)。森一門の身内の棋士数名に席がなく、まるでコンパニオン的役割に徹していた。これは一面、気の毒なことである。私は詰パラ仲間内である堺の谷口さん、和歌山の南さんと同じテーブルについた。別のテーブルには若島さんが確認できた。とにかく人が多く、知らない人が多いのも止むを得ないことである。


 師匠である森七段の挨拶として「昨年は糸谷哲郎竜王の誕生で、驚きの出来事でしたが、連続昇級の澤田六段や、将棋大賞「新人賞」にも選ばれた千田翔太五段の活躍、山口絵美菜女流3級誕生も素晴らしかったです。こうやって弟子の活躍で祝賀会が開けることをうれしく思います。・・・」という風に述べられていた。関西在住の出席されたプロ棋士も谷川会長、久保九段、井上九段を始め、ここに書ききれぬほど参集された。
 そのなかに今泉四段が来られていた。初対面だが私の詰将棋の作品本を間接的に入手されているとの情報を事前に得ていたので、名刺交換を兼ねてご挨拶した。すると「あの本は妙に解きにくい作品が多いです。特に、短手数ほど良い作品が多いと感じています。」とのコメントをいただいた。ほめ言葉と受けとめて、大変恐縮した。


 祝賀会のほうは各棋士の挨拶、竜王のインタビュー、席上記念対局などがあり、2時間余があっという間に過ぎ去った。
なお、話しは前後になるが祝賀会そのものは夕方からだったが、午後の半日は記念指導対局が開催された。糸谷竜王以下、森一門及びゆかりの棋士が総勢19名で指導対局にあたった。私も3局、教わった。


 私はこの2日間で5局の指導将棋(すべて飛香落ち)をしてもらって、成績は3勝2敗。久しぶりによく将棋を指した。元来、私は詰将棋の世界の人間だが、こうやって指し将棋に興じる私が時折いる。このような将棋そのものに対するスタンスがあればこそ、いろんな方々との出会いがあるのであろう。

[]

[]